« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

024:岸(冬鳥)

我もまた流れゆくもの 川岸にたゆたうもののひかりあふれて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

023:用紙(冬鳥)

いろいろの絵の具散らして子は外へ画用紙に落ちる夕まぐれ、朱(あか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

022:低(冬鳥)

伸ばしても届かぬ腕と知っていた写真の中の低い空の日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

021:サッカー(冬鳥)

サッカーをし終えた後の少年が乗る夜のバス 闇深みゆく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

020:鳩(冬鳥)

部屋中の赤すべからく血の色で鳩肉料理に刺す銀ナイフ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »