« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

003:公園(冬鳥)

知らぬ間に歩むのだろう公園のくぼみを蹴つて たぶんおまへも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

002:暇(冬鳥)

しろたえの冷たい重み 鶏卵のなかひっそりと消えゆく休暇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

001:春(冬鳥)

一本の樹としてひろげる葉の上に春の雪ふる 歴史とは、いま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

題詠blog2010に参加します(冬鳥)

3年目の参加になります。
ここで一区切りをつけられるように、完走目指してがんばりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »