題詠blog 2010

014:接(冬鳥)

接してた点おのづから面となり 君に満たされゆく我の湖(うみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

013:元気(冬鳥)

絵本のクマ、ハリネズミに会う かげろうを追いかけて池に落ちる。
元気で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

012:穏(冬鳥)

微細さの泡立ちのなか穏やかに死にゆくものよ ことのはのうみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

011:青(冬鳥)再投稿

青々と木々を揺るがせ風は生(あ)れ風は消えゆく かたちなきまま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

011:青(冬鳥)

青々と木々・山・大地を揺るがせて風は消えゆく かたちなきまま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

010:かけら(冬鳥)

このあたり一帯が海だったころ落ちたのだろうウロコのかけら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

009:菜(冬鳥)

ふるふるとふるえるでんわ菜のはなのはなびらのさきにふくはるのかぜ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

008:南北(冬鳥)

やさしくて冷たいみたい南北にのびる盆地の夜を覆う空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

007:決(冬鳥)

霧雨の春の寒さよこの街をでてゆくことを決めかねていて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

006:サイン(冬鳥)

初秋の花巻高校かのひとの風がページを操るサイン帖

| | コメント (0) | トラックバック (0)